未分類

海洋散骨でよくあるトラブルについて解説します

海洋散骨においてどのようなポイントに注意すればスムーズに行えるのかご存じですか。
せっかく散骨するのであれば、トラブルに巻き込まれたくありませんよね。
そこで今回は、海洋散骨でよくあるトラブルについて解説します。
また、トラブルを避ける方法も紹介するので、ぜひお役立てください。

□海洋散骨でよくあるトラブルとは

まずは、多くの方が悩んでいる海洋散骨のトラブルを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

1つ目は、墓に執着する親族と揉めたというケースです。
海洋散骨において、これが最も多いトラブルと言えるでしょう。
散骨は新しい埋葬スタイルであるため、なかなか受け入れられないという方もいらっしゃいます。
激しい言い合いにしないためにも、ある程度親族の考えを聞いたうえで、しっかりと話し合いをしましょう。

2つ目は、遺骨をすべて撒いてしまいトラブルになったというケースです。
このようなトラブルを経験された方は多いので、散骨する際は事前に親族に残すべきかどうかの確認を取るようにしましょう。
また、手元に残す遺骨は原型の状態よりも、パウダー状にしてから残す方が後々困らないで済むためおすすめです。

3つ目は、天候が合わず順延が続いてしまい他の予定を立てられないというケースです。
乗船型の散骨は遺族が週末に集まって行いますが、強風や雨の影響で出港できないこともあります。
できるかぎり天候に良い季節に海洋散骨を行いましょう。

□トラブルを避ける方法をご紹介します!

ここまでは、海洋散骨でよくあるトラブルを紹介しました。
次は、そのようなトラブルを避ける方法を紹介します。
ぜひお役立てください。

1つ目は、前もって周囲に相談することです。
親族間でのトラブルを防ぐために、しっかりと話し合いを行ったうえで散骨しましょう。
親族以外に遺骨の話をすることに抵抗がないのであれば、散骨の経験や知識のある方を交えて相談するのも良いでしょう。

2つ目は、信頼できる散骨業者を選ぶことです。
信頼できる業者を選ぶポイントは、散骨の知識があるか、不定期航路事業許可申請を行っているかです。
上記の2つのポイントを重視して、散骨業者を決めましょう。

3つ目は、マナーを遵守して散骨することです。
適切に散骨を行わなければ、近隣住民とのトラブルになることもあります。
トラブルを避けるためには、社会通念状のモラルやマナーをしっかり守りましょう。

□まとめ

この記事では、海洋散骨でよくあるトラブルについて解説しました。
また、そのようなトラブルを避ける方法も紹介しました。
海洋散骨を行う際は、今回紹介したポイントに注意してください。
当社では、遺品整理を行っています。
終活を検討中の方は、ぜひ当社にお任せください。