未分類

一人暮らしの終活とは?準備するべきことを解説します!

「一人暮らしの終活は何を準備したらいいのかな」
そのような疑問を持った方も多いですよね。
そこで今回は、一人暮らしの終活で準備するべきことと、よくある疑問点について解説します。

□一人暮らしの終活で準備するべきこととは

一人暮らしの終活では何を準備するべきなのでしょうか。

まず身の回りを整理することから始めてみましょう。
自分の身の回りが、余計なもので溢れかえっていないか、見直してみてください。
服や家電など、日常生活で使うものはもちろんですが、銀行口座やクレジットカード、貴金属や有価証券など、お金や財産に関する部分まで見直して、整理することをおすすめします。
ものへの執着を捨てて、なるべく不要なものを減らすことにより、生活がしやすい環境が整うことから心身ともに平穏・快適に過ごせます。

そして、余計なものは買わない、捨てることを心掛けてください。
何年も使っていないようなものがあれば、できるだけ捨てるようにしましょう。
余計なもので溢れていると遺品整理が大変ですし、残される方の負担が多くなります。

また、身の回りが整理されていないと大切なものや、資産価値のある貴重品まで捨てられてしまう可能性もあります。
そのため、無理に捨てる必要はありませんが、もったいないからと捨てずにいるものは、捨てることをおすすめします。
その他にも、お金や財産もすっきりまとめることが大事です。
自分にはどこにどれだけの財産があるのか把握して整理をしておくことが終活において大切です。

□一人暮らしの就活においてよくある疑問とは

次に、一人暮らしの終活においてよくある疑問点について紹介します。

1つ目は、お葬式の準備についてです。
独身の方が終活を考える際に心配されるポイントとして、「孤独死」のリスクが挙げられます。
親類縁者がいない方や、親戚と疎遠な方が孤独死してしまった場合、葬儀に関するいくつかの法律に基づいて、行政がお葬式の手配を行います。
ですが、この場合の送葬は、葬儀を行わず火葬のみを済ませ、公営の共同墓に骨壺を収めるといった簡素なものです。

このような人生の幕引きには抵抗を感じる方の中には、生前から葬儀社と相談して、お葬式の準備を済ませておく方も多いです。

2つ目は、家や財産処分についてです。
親戚を始めとした親しい間柄なら家や財産の処分を引き受けてもらえるかもしれませんが、誰しもそうとは限りません。
そのため定年退職や還暦などの記念日を機に、家や家財を「生前整理」して老後を身軽に過ごしたいと考える方も多くいます。

また、老後の生活を有料の老人ホームで過ごすことを検討される方も少なくありません。
いつでも職員や入居者の方の目があるため、孤独死のリスクも最小限に抑えられます。

□まとめ

今回は一人暮らしの終活で準備するべきことと、よくある疑問点について解説しました。
一人暮らしの終活についてお悩みでしたらぜひ参考にしてくださいね。