未分類

生前整理を働き盛りからするべき理由とは?詳しく解説します!

「生前整理って何かな」
「生前整理は働いている時から始めた方が良いのかな」
そのような疑問を持った方も多いですよね。
そこで今回は、生前整理についてと、生前整理を働き盛りから始める理由についてご紹介します。

□生前整理とは

身の回りの品物や自身の財産を体力があり余裕があるうちに整理することを生前整理と言います。
残したい財産を整理するためだけでなく、不要なものを事前に廃棄したりリサイクルしたりすることによって処分することが大切です。

また、生前整理と一緒に遺品整理という言葉を聞いたことのある方も多いですよね。
遺品整理とは、人が亡くなった後に配偶者や子供、親族が遺品の整理を行うことを指します。
遺品整理は残された遺族がする必要があり、負担となることもあります。
遺族の負担をするためにも生前整理を行うことが重要です。

生前整理には財産の整理と、品物の整理があります。
財産の整理には金融資産、不動産、貴金属や美術品の整理が含まれます。
これらの整理を事前に行うことは、相続時に家族間でのトラブルを避けるために大切です。

また、品物の整理には思い出品やコレクション、パソコンなどのデータなどが含まれます。
残したいものは何なのかを事前に決めて伝えておくことが大切です。

□生前整理を働き盛りから始める理由とは

働き盛りから生前整理を始める理由は大きく3つあります。
ここではそれぞれの理由についてご紹介します。

1つ目は、老後の生活を設計できるからです。
働き盛りのうちに生前整理を始めると、老後のイメージをしながら生活するきっかけとなります。
老後のイメージを早い段階ですることで、老後の資金はどの程度必要なのかを考えやすくなります。

2つ目は、早い段階からミニマムに生きられるからです。
働き盛りに生前整理をすると、余生に対して余裕があります。
生前整理をあらかじめすることで、すっきり快適にすごせる時間が長くなります。

3つ目は、両親の生前整理のきっかけになるからです。
働き盛りの40代、50代の方のご両親は就活世代であることが多いです。
自身の生前整理を始めることで、ご両親の生前整理を始めるきっかけにもなります。
生前整理で品物をすっきり処分することでミニマリストになる家庭は案外多いです。

このように働き盛りから生前整理を始めると、老後だけでなく現在の生活が豊かになるなどメリットが沢山あります。
皆さんもぜひ働き盛りから生前整理を始めてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、生前整理についてと、生前整理を働き盛りから始める理由についてご紹介しました。
生前整理に関する疑問が解決されましたら幸いです。