未分類

事故物件って売れないの?特殊清掃業者がお悩みに答えます!

自殺や殺人などがあった物件は、もう価値がなく売れないとお思いの方も多いのではないでしょうか。
せっかく費用を掛けて運営していた物件ですから価値がなくならないか心配ですよね。
そこで今回は、事故物件の処理にお困りの方へ、物件の売却についてくわしく解説いたします。

□事故物件は売却できるの?

貸していた物件で事故があり、売れるのか売れないのか不安な方、ご心配はいりません。
手順さえ守れば、事故物件でも売却はできます。

しかし、通常の不動産売却よりは手順が難しいのが実情です。
そのため、事故物件を売却する際には専門家に協力してもらうことをおすすめします。

ここで注意していただきたいことは、事故物件は売却できても通常に比べて相場が低いことです。
やはり事故があった物件に住みたいと思われる方、購入したいと思われる方は少ないため、どうしても価格が下がってしまいます。
通常の物件と比較すると、自然死の場合は約20パーセント、自殺の場合は約30パーセント、殺人事件などの場合は約40パーセント相場が低い傾向にあります。

この点に留意して、事故物件の売却を進めましょう。

□事故物件は不動産買取がおすすめ!

ここまで事故物件は売却できることを解説しました。
しかし、事故物件を手放すのであれば不動産買取のご利用をおすすめします。
その理由は主に以下の3つです。

1つ目は、早く手放せることです。
基本的に売却の場合は、買主が見つかるまで売却できないため、時間がかかります。
しかし、買取であれば、不動産業者にその場で買い取ってもらえます。
そのため、事故物件をいつまでも持ち続ける必要がなくなりますよ。

2つ目は、近隣の方々に知られないことです。
売却の場合、買主を見つけるために広告を出したり、不動産を内覧してもらったりします。
そのため、近隣の方々に売却に向けた動きを知られる心配があります。
しかし、買取であれば、業者に買い取ってもらうだけですから、近隣の方々に知られる心配がありません。

3つ目は、仲介手数料が必要ないことです。
不動産買取は不動産会社の仲介ではありません。
そのため、仲介手数料を気にする必要もありません。

□まとめ

今回は、事故物件の処理にお困りの方へ、物件の売却についてくわしく解説いたしました。
事故物件がなかなか売れないと、気が気ではありませんよね。
そのため、ぜひ買取によって手放すことをおすすめします。
もし事故物件の買取をお考えでしたら、ぜひ当社にご相談ください。