未分類

事故物件はお祓いが必要?お祓いのタイミングも解説します!

アパートやマンションで人が亡くなった場合、お祓いが一般的に行われます。
しかし、事故物件はなぜお祓いが必要なのかや、いつ行えばいいのかをご存じない方が多いと思います。
そこで今回は、事故物件にお祓いが必要な理由とお祓いのタイミングについて解説します。

□事故物件はなぜお祓いが必要?

基本的にお祓いは絶対に必要なわけではありません。
しかし、人が亡くなった場所には、一般的に人の魂が残ると言われています。
そのため、お祓いをしなかった場合、その場所に自殺者や殺人の被害者の魂が残っていることになりますよね。

物件自体をきれいに清掃したとしてもこの魂は消えませんし、そのような住宅に住みたいと思う人はなかなかいません。
そういうわけで、お祓いをして次に住む人が快く生活できるようにすることが大切です。

□お祓いのタイミングとは?

それではお祓いをする理由が分かったところで、お祓いはいつ行えばいいのかをご紹介します。
結論、お祓いは基本的にいつ行えばいいといった期間はありません。
しかし、それではいつ行えばいいのかわからない、とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、お祓いが行われるタイミングを2つご紹介します。

1つ目は、壁紙などを張り替える前です。

事故物件は特殊清掃によって遺体があった痕跡を消した後に、壁紙や床等を張り替えます。
このタイミングで行えば、僧侶の方に来ていただいても不快感を与える心配はありません。

この時には、まだ残置物も残っているでしょう。
そのため、それらも一緒にお祓いできますよ。
お祓いを終えた後にリフォーム をすることで、本当の意味で事故物件のお祓いが完了したと感じられますね。

2つ目は、リフォームを行った後です。

リフォーム後に、お祓いを行う方もいます。
売却による引き渡しや賃貸として人が入居する直前にお祓いをすることで、清められてすぐの状態でお渡しできます。
半年前などにお祓いしましたと言われて物件を購入などするのも悪くはありません。
しかし、それよりも直前にお祓いをして、それを購入者や借主が確認する方が気持ちが良いですよね。

1番大切なことは、お祓いは借主や買主の心理を考慮したタイミングで行うことだと心得ておきましょう。

□まとめ

今回は、事故物件にお祓いが必要な理由とお祓いのタイミングについて解説しました。
事故物件をお祓いしようとお考えの方は、借主や買主の気持ちをよく考えたタイミングで行いましょう。
もし、お祓いの前の特殊清掃について何かお困りでしたら、ぜひ当社にご相談ください。