未分類

事故物件を相続してしまった方へ!解決策をご紹介します!

事故物件だとは知らずに相続をしてしまいお困りの方、この記事は必見です。
事故物件を相続しても邪魔なだけだと考える方も多いでしょう。
しかし、事故物件はうまく扱えばお金に変えることも可能です。
そこで今回は、事故物件を相続してしまった方へ、2つの解決策をご紹介します。

□事故物件は相続放棄ができる?

相続人は相続したくないものを相続してしまった場合、相続の放棄が可能です。
しかし、この相続放棄には以下の注意点があります。

まず前提として、相続放棄する場合には、財産全てを放棄する必要があります。
すなわち、事故物件だけを相続放棄はできません。

加えて、相続放棄には申請期限があります。
相続放棄をするには、相続があったことを知ってから3カ月以内に行わなければなりません。
期限延長もできますが、特別理由がない場合は受け付けてもらえません。

最後に、相続財産の管理責任は残ることを押さえておきましょう。
相続放棄をすれば、事故物件を相続する必要はなくなります。
しかし、次の相続人に相続が完了するまで、財産の管理が必要になることに注意しましょう。

□相続した事故物件を売却する方法とは?

相続した事故物件は売却や買取によってお金に変えることもできます。
売却は不動産の知識が必要になってくるため、専門業者による買取をおすすめします。
ここでは、その買取のメリットとデメリットをご紹介します。

*買取のメリットとは

1つ目は、すぐに事故物件を手放せることです。
事故物件でも物件として最低限の価値があればすぐに買い取りできます。
そのため、すぐにお金に変えられますから、葬儀などお金が必要な方におすすめですね。

2つ目は、残置物をそのまま撤去してもらえることです。
個人への売却を行う場合は、物件内をリフォームするなどしなければなりません。
しかし、専門業者に依頼すれば、特殊清掃を行うだけで、そのまま買い取ってもらえることが多いです。

私たちは特殊清掃も物件の買取も行っていますから、もし買取をご希望でしたらご相談ください。

*買取のデメリットとは

1番のデメリットは、物件の価格がとにかく下がることです。
事故物件は、売却の場合でも一般の物件より売却価格が下がります。
買取の場合は、さらにそれよりも価格が下がってしまいますから、注意しましょう。

□まとめ

今回は、事故物件を相続してしまった方へ、2つの解決策をご紹介しました。
相続放棄はその後の相続先が決まるまでの負担が大きいです。
そのため、買取を選択されるのが無難かと思われます。
もし買取を希望されていましたら、ぜひ当社にご相談ください。