未分類

遺品整理で後悔しないための注意点をご紹介します!

遺品整理についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
遺品整理は人生でそう何度も経験することではないため、何に気をつけたら良いのか分かりにくいですよね。
そこで今回は、遺品整理を行う時の注意点とポイントについて詳しく解説します。

□遺品整理を行うときの注意点とは?

遺品整理をする際に起きがちなトラブルを参考に、注意点を3つご紹介します。

1つ目は、家族や親族とのトラブルです。
相続人が複数いる場合、一人で遺品整理を進めてしまうことは避けたほうが良いでしょう。
金品の配分などをめぐって争いが起きることを防ぐためです。
自己判断で遺品整理を行うのではなく、必ず相続人全員の同意を得ながら進めることをおすすめします。

2つ目は、必要な手続きや書類の準備が間に合わない場合のトラブルです。
遺品の中には、早急に手続きが必要な書類が含まれている可能性があります。
特に貴重品が保管されている場所に、そういった書類が含まれていることが多いです。
そのため、遺品整理を始めるときは、貴重品から取り掛かると良いでしょう。

3つ目は、必要なものを処分してしまったというトラブルです。
故人が亡くなってからすぐは、通常より判断力が欠けています。
そのため、整理途中に処分に迷うものが出てきたら、一度保留にして時間をおくことをおすすめします。

□効率よく遺品整理を進めるためのポイントをご紹介します

ここでは、効率よく遺品を整理するためのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、作業に取り掛かる前に作業スケジュールを決めておくことです。
この作業スケジュールは、大まかでも構いません。
「月末まで終える」といったように、期限を決めることによってだらだら作業することを防ぐためです。
「月曜日は居間、火曜日は書斎」など部屋ごとにスケジューリングしてみてもいいかもしれませんね。

2つ目は、他の親族と協力して整理することです。
一人で作業するよりも、複数人で作業した方が効率的なのは当たり前ですよね。
また、前章でも触れたように、一人で整理を進めてしまうと相続に関するトラブルも起きやすいと言われています。
そのため、独断で遺品整理を進めるのではなく、複数人で作業を分担しましょう。

□まとめ

遺品整理を行う際は、家族や親族と協力して行うとトラブルを防ぎやすいでしょう。
その際、捨てるかどうか迷ったものは一度保管して、気持ちが落ち着いてから判断することをおすすめします。
また、手続きや書類の準備は早めに行っておくと良いでしょう。
ぜひ今回紹介したポイント参考して、遺品整理を進めてみてくださいね。