未分類

遺品整理はいつからする?最適な時期をご紹介します!

「遺品整理はいつから行ったら良いのだろう」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
特に初めて故人の遺品整理を行う方は、どのように作業を進めたら良いのか検討もつきませんよね。
そこで今回は、遺品整理を行うのに最適な時期と、遺品整理は業者に頼むべきかについて詳しく解説します。

□遺品整理をするのに最適な時期とは?

結論から申し上げると、遺品整理をいつまでに終わらせるべきといった期日や決まりはありません。
しかし、一般的に遺品整理しやすいと言われているタイミングや時期はいくつか存在します。
今回は、その中でも分かりやすい4つをご紹介しましょう。

1つ目は、四十九日を迎えたあとです。
仏教では、死後四十九日まで故人の魂が現世を彷徨っていると言われているのをご存知ですか。
そのため、魂が旅立った四十九日の後に、整理をし始める方が多いようです。

2つ目は、諸手続きが一通り終わった後です。
親族が亡くなると、死亡届や公共料金の支払い、保険金の申請といったように多くの手続きをする必要があります。
そのような一連の手続きが落ち着いてから、遺品整理を始める方も多いようです。

3つ目は、葬儀が終わった直後です。
葬儀の直後は親族が集まっているため、遺品整理がしやすいと言われています。
同時に相続や形見についても話し合えるため、親族が遠方に住んでいる場合などに適しています。

4つ目は、相続税が発生する前です。
故人の財産が相続税の非課税額を超えている場合、税務署に申告書を提出する必要があります。
そして、申告書の提出期限は、故人が亡くなってから10ヶ月以内と規定されているため、その前に遺品整理を行って財産に金額を調べる必要があります。
この期限に間に合うように、早めに遺品整理と手続きを行いましょう。

□遺品整理を業者に頼むメリットとデメリットをご紹介します

*メリット

遺品整理業者に依頼する最大のメリットは、時間や手間がかからない部分でしょう。
遺品整理で出てきたゴミの収集や家財の買取、掃除まで全て業者が請け負ってくれます。
特にお仕事が忙しい方にとって、体力や時間を削ることなく作業を進められるのは大きなメリットですよね。
また、故人との思い出の品と向き合わなくて良いため、精神的に疲弊してしまうことも防げます。

*デメリット

業者に頼む場合、一番気がかりなのは費用に関する部分でしょう。
住宅の規模や荷物の量によって費用は大きく変動しますが、相場はおおよそ3〜50万円ほどと言われています。
また、オプションごとに料金を設定し、見積もりとは違う値段を請求してくる悪質な業者も存在します。
そのため、事前に口コミや評価を調査して、悪質な業者に引っかからないよう注意しましょう。

□まとめ

遺品整理を行うのに最適な時期は人それぞれです。
いつ行うか迷われている方は、今回紹介した4つのタイミングの例をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、業者に依頼しようかどうかお考え中の方は、メリットとデメリットの部分も併せてご検討して頂ければ幸いです。