未分類

特殊清掃をご検討中の方へ!参考となる事例をご紹介します!

特殊清掃の依頼をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
自殺や孤独死の現場といった、特殊清掃が必要な状況と関わる機会は滅多にないため、その実態を知らない方も多いと思います。
そこで今回は、特殊清掃の事例を詳しくご紹介します。

□実際の特殊清掃の事例をご紹介します

最初に紹介するのは、神奈川県のアパートで起きた、孤独死の現場の事例です。
この現場で最も早期対応が必要だったのは、外まで漏れ出ている臭いでした。
また、トイレには大量の血液と腐敗物、ウジ虫が発生しており、体液は建物内部にある骨組みまで染み渡っていました。
この対策として特殊清掃業者が行った作業内容は、以下の通りです。

・トイレの解体工事
・腐敗物の撤去
・消毒消臭
・畳の撤去

続いてご紹介する事例は、東京都新宿区の戸建てで行われた、孤独死の現場の特殊清掃です。
今回は比較的早期の段階で遺体が発見されましたが、体液が床に染み付いていたため、強烈な臭いを発生しているという問題がありました。
また、周辺の家財道具にも影響を与えていたため、以下の作業内容で対応しました。

・特殊清掃全般
・家財道具の撤去
・フローリングの一部解体

このように、特殊清掃業者の中には家財道具の撤去や遺品整理まで対応が求められるケースがあります。
自力で大型の家財道具を処分するのは時間と手間がかかるため、お忙しい方に人気のオプションです。

□特殊清掃を業者に依頼するメリットとは?

*独特で強い臭いまで消臭できる

特殊清掃が必要な現場では、遺体の腐敗臭や汚染物の臭いが充満しています。
このような臭いを市販の洗剤や消臭剤で取り除くことは、極めて難しいでしょう。
特殊清掃員は、業務用の特別な洗剤を使用するため、染み付いた腐敗臭や生活臭まで消臭可能です。

*短い時間で清掃が完了

特殊清掃員に清掃を依頼すると、複数人が派遣され、かつ一人一人が現場のプロです。
そのため、自力で清掃する場合と比べると、非常に短時間で作業が完了するでしょう。
また、賃貸物件では次の入居者が見つかるまでに清掃を完了する必要があり、時間の制約があることが多いです。
そのため、賃貸物件においては、特に時短によるメリットが大きそうですね。

*大型の不用品も処分可能

特殊清掃は、現場の復旧だけでなく遺品の回収まで行っている業者が多いです。
遺品の中には、多くの場合、洗濯機や冷蔵庫といった大型の家電や家財が含まれていますよね。
特殊清掃業者に依頼すると、そのような大きな荷物でも引き取って、適切に処分してくれます。
本来であれば処分するのに費用がかかってしまうため、それを削減できるのは大きなメリットと言えそうですね。

□まとめ

特殊清掃の事例と、業者に依頼するメリットについてご紹介しました。
自殺や病死、孤独死といった現場の清掃は、特殊清掃が必要な場合が多いです。
遺体の発見が遅れると、作業が増えて費用の負担も大きくなるため、依頼をご検討中の方はお早めにお申し付けください。