未分類

遺品整理は何から始めればよい?準備するものとポイントをご紹介します!

「遺品整理をしたいけれど、何から始めたら良いのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
遺品整理は、家族や親族が亡くなった後に必ず行われる大切な作業ですが、人生でそう多くは体験する機会がないですよね。
そこで今回は、遺品整理で準備するものとそのポイントについて詳しく解説します。

□遺品整理で準備するものとは?

遺品整理では、具体的にどういったものが必要になるのでしょうか。
ここでは、作業しやすい服装と、遺品を整理するために最低限必要となる資材についてご紹介します。
まず、作業しやすい服装については以下の通りです。

・作業着または汚れてもいい服
・軍手
・マスク
・スリッパ

遺品整理中はホコリやチリを吸い込む可能性があります。
そのため、大掃除のようにマスクを着用して整理を開始すると良いでしょう。
また、思わぬものを踏みつけて怪我をする可能性もあるため、スリッパや清潔な靴を履いて作業することをおすすめします。

続いて、遺品整理に必要な資材や道具は以下の通りです。

・段ボール
・ガムテープ
・ゴミ袋
・カッターまたはハサミ
・ロープ
・マジックペン
・ペンチやドライバーといった工具
・台車
・軽トラやワゴン車といった運搬用の車

遺品整理では、想像以上に多くのものを整理する必要があります。
そのため、上記の資材なども多めに準備しておくと良いでしょう。
また、運搬用の台車や車があると、遺品をリサイクルショップやゴミ処理場に運ぶのに便利です。
業者を手配せずご自身で運搬される場合は、必ず準備しておきましょう。

□遺品整理のポイントをご紹介します

遺品を整理する際に、事前に知っておきたいポイントを2つご紹介します。

1つ目は、感情をコントロールすることです。
多くの家族や親族の方が遺品整理を躊躇する理由は、「感情面」にあります。
これは、故人が使用または愛用していた遺品を処分することに「申し訳ない」といった抵抗を感じてしまうためでしょう。
しかし、遺品をそのまま放置してしまうと、かえって保存状態が悪くなり大切な遺品も長く保存できません。
そのため、捨てる際にただ廃棄処分するのではなく、感謝や供養の気持ちを持って整理を行うことで、感情をコントロールしましょう。

2つ目は、相続系の遺品から整理し始めることです。
整理を始めるときは、預金通帳や有価証券といった、資産状況が把握できる相続系の遺品から整理し始めましょう。
なぜなら、故人の死亡後10ヶ月以内に相続税の申告を行う必要があるためです。
さらに、遺産分割の話し合いや申告に必要な書類を集めるには時間がかかるため、早めに取り掛かりましょう。

□まとめ

遺品整理を行うときは、作業しやすいまたは汚れてもよい服装で臨みましょう。
さらに、遺品を自力で運搬する場合は、軽トラやワゴン車を用意しておくとスムーズです。
また、今回紹介した遺品整理のポイントもぜひ参考にして頂ければ幸いです。