遺品整理

遺品整理で後悔したくない方へ!気持ちを整理するコツをご紹介します!

「早急に遺品整理に取り掛かる必要があるけれど、気持ちの整理がつかない」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
大切な方を亡くされた直後は、気持ちが沈んでしまうものですよね。
そこで今回は、遺品整理と気持ちの切り替え方について詳しく解説します。

□遺品整理の際に気持ちの整理をつけるコツとは?

気持ちを整理する方法は人それぞれあると思いますが、今回は具体的なコツを3つご紹介します。

1つ目は、人に話すことです。
自分の感情を人に話すことによって、感じていたことがまとまったり、気持ちがスッキリしたりする経験がある方は多いと思います。
これは心理学の研究でも科学的に証明されており、感情を誰かに聞いてもらうことは、ストレスを軽減する効果があるようです。
故人を悼む気持ちを無理に押し込むのではなく、親しい友人や親族などに話してみてはいかがでしょうか。

2つ目は、書き出すことです。
人に話して感情を言語化するだけでなく、紙に書いて可視化することも心理的に有効だと言われています。
そうすることによって、自分自身の悩みや不安が理解できるため、気持ちが整理しやすくなります。
人に自分の感情を聞かれたくない方や、近くに頼れる人が思いつかない方は、ぜひ実践してみてください。

3つ目は、焦らないことです。
「早く遺品整理をしなきゃ」「早く立ち直らなきゃ」と焦らなくても大丈夫です。
大切な方が亡くなった後は、何もする気が起こらないのが普通です。
焦ることによってストレスを感じてしまうと本末転倒になってしまうため、まずは心身を休めることを最優先にしましょう。

□遺品整理の手順をご紹介します

気持ちが落ち着いた方は、ゆっくりでいいので遺品整理を始めましょう。
作業内容は、以下の5つのステップに分けられます。

・必要な物と不用品に仕分けをする
・不用品をさらにリサイクルできる物とそうでない物に分ける
・リサイクルできない物をゴミとして分別する
・ゴミを処分する
・部屋全体を掃除する

一般的な遺品整理の流れは上記の通りです。

また、特殊な例として、自殺や病死、孤独死のような遺体の発見が遅れてしまい、簡単には住宅に立ち入れないケースも存在します。
そのような場合は、一般の方や通常の清掃業者だけで遺品整理をするのではなく、特殊清掃業者に依頼をしましょう。

□まとめ

「遺品整理に取り掛からなきゃ」と焦るのではなく、まずは自分の気持ちを落ち着かせることを優先しましょう。
その際は、人に自分の感情を話してみたり、紙に書き出したりすることがおすすめです。
また、実際に遺品整理を始める方はぜひ今回の手順を参考にしてみてください。